Broadcom から自由になる

BroadcomによるCA Technologies買収は優先事項の変化を意味する。

お客様にとってそのことの意味は?


  1. 支持しえない前年度からの料金値上げ(お客様からの回答によると100~450パーセント1以上の値上げ)。
  2. Broadcomのバンドルモデルとは…
  • 契約している複数のソリューションが個別ではなく一括の料金体系になっている。1
  • このことは、10のソリューションのうち9つを使わなくなっても節約にならないことを意味する。バンドル契約が解除されていないので、残りのソリューションのコストの上昇になる。
  • デジタルトランスフォーメーションを推進する最善のソリューションの組み合わせを採用する障害となる。

Broadcomとの契約更新が迫っているなら、他の選択肢を探す強力な理由になります。移行に成功するには、どうすればよいでしょうか?

ある大手通信サービス企業のIT マネージャーは、BMC Software について次のように述べています。

BMC Softwareのお客様満足度調査


信頼できるプラットフォームとソリューション。20年を超える十分な実績。

Broadcomの支配から自由になるには、

適切なパートナーを見つけること

企業は柔軟性と費用対効果の高いソリューションを求めています。Broadcom/CA Technologies 買収以来、他の選択肢に対する需要は世界的に飛躍的に高まりました。

  • BMCは、この変化を実感しています。BMC自体もBroadcom/CAから離れ、その過程でコストを大幅に削減しました。このことから、Broadcomから自 由になることのメリット、他社が同じことをする最善の方法を実体験として知ることができました。

お客様に尋ねてください。

  • 今後見込まれるコストは?

  • 現在使用しているBroadcom/CA製品の今後のロードマップは?
  • Broadcom/CAソリューションで現在受けているサポートの内容は?

BMCは独自のトータルソリューション態勢を敷いており、これはBroadcom/CAに代わる現実的な選択肢はないと思っているお客様に対する我々のコミットメントの証しです。

  • 既存のポートフォリオのイノベーションとさらなる開発に加え、CompuwareおよびRSM Partnersの買収を通じて主要な人材、サービス、知的資本に多額の投資。
  • Dell、Modern Systems、Unicom Global、McKinney Systemsなどの多数のベンダーを統合するBMC主導のアプローチにより移行を簡素化。
  • Broadcom/CAに代わる先進的な選択肢の登場。企業規模を問わず、お客様は現在の要件に包括的に対応する一方、自律的なデジタルエンタープライズの育成、製品イノベーションの促進、価値を最適化するデジタルトランスフォーメーションと自動化、セルフサービスを実現することができます。

BMC Softwareのお客様満足度調査


調査をしたお客様の約 60%が、ビジネスクリティカルなアプリケーションのパフォーマンス向上能力を、Broadcomから BMCに移行する重要な要件としています。

BMCと Compuware のパワー

BMC Compuwareは、比類のないメインフレーム運用管理およびアジャイルなアプリケーション開発とデリバリーを実現する統合されたDevOpsツールチェーンを提供します。この戦略的な組み合わせは、クライアントのメインフレーム環境を近代化するためにBMC Automated Mainframe Intelligence (AMI)、CompuwareのTopaz スイート、ISPWテクノロジー、および従来の製品ポートフォリオの成功の上に構築されています。

BMC Compuwareは、アジャイルな開発とデリバリーによってオートメーションとインテリジェントな運用を実現します。これにより、次世代のメインフレーム開発運用チームは、メインフレームのプログラミング言語、アプリケーション、データ、インフラストラクチャ、およびセキュリティを使用する際に優れた能力を発揮できます。

フォレスター・リサーチのクリス・コンド、クリス・ガードナー、およびディエゴ・ロジュディチェは、BMCによるCompuwareの買収について、次のように述べました。


「CompuwareのTopazソフトウェア開発環境をBMCポートフォリオに加えることは、エンタープライズ開発者をターゲットにする方向への新たな一歩です。Topazによって、開発者は最新のアプローチを使用してメインフレームのアプリケーションを構築、テスト、および展開できます。この移行によって、BMCはメインフレーム技術者にとって最新のツールが重要であることを広めることができるはずです。」

ベンダー統合アプローチ:

Broadcom/CA製品からの移行には多数のベンダーが必要になるというのは作り話です。
これは、お客様がBroadcomから自由になるためにBMCができることの一例に過ぎません。

IBM, is a trademark of International Business Machines Corporation, registered with the U.S. Patent and Trademark Office and in many jurisdictions worldwide.

BMC, BMC Software, the BMC logo, and other BMC marks are the exclusive properties of BMC Software, Inc. and are registered or may be registered with the U.S. Patent and Trademark Office or in other countries.


数字上の優位

30% +

BMCのベンダー統合アプロー
チを利用するお客様は、ライセンス、サービス、サポート、パフォーマンス向上、CPU要件の軽減、人的資本の利用効率アップで約30%を節約しています。1

100 ~ 450% +

Broadcomでは普通の毎年の値上げを回避できます。1

Broadcom/CAから移行する場合、

重要なのは柔軟性と専門知識

Broadcom/CAからの移行は、想定しているより簡単です。お客様が懸念する主な課題およびBMC製品を使用して対処する方法を見てみましょう。

BMCは、Broadcom/CAのすべての製品の切り替えを支援できますか?


BMCには、Broadcom/CAからの移行プロセスを格段に簡素化して、お客 様の事業へのインパクトを劇的に限定することに関する幅広い経験があり ます。BMCは、各プロジェクトを主導および管理して、スムーズに移行
するための単一窓口を提供します。能力拡大を目指して最近行った買収は、Broadcom/CAによる大きな制限から解放されることを求めるお客様へのBMCのコミットメントの証です。

単一のBroadcom/CA製品を切り替えることはできますか、またはすべてを切り替える必要がありますか?


その選択は、完全にお客様次第です。切り替える製品は1つでも全製品でもかまいません。お客様の目標がITの近代化であれば、従来のCA製品を業界トップの代替手段にアップグレードすることが最有力の選択肢です。

BMCの達成目標は、お客様が戦略的目標への到達を支援することであり、問題点は、ライセンスやコストのほかにもあります。BMCは、決してBroadcom/CAのように縛り付けません。我々のベンダー統合アプローチは本質的に多様で、我々はハイブリッドソリューション開発に精通しています。

BMCは、Broadcom/CA製品からの切り替えの困難とリスクをどのようにして軽減できますか?


Broadcom/CA製品から切り替える当座のメリットと長期的なメリットを精査することが極めて重要です。デジタルトランスフォーメーションを促進する効率性、生産性、および能力を獲得することにより、考えられる事業上のリスクを上回る説得力のあるビジネスケースを創出できます。

BMCにはBroadcom/CAからの移行に関して豊富な経験があり、リスクの最小化に関するベストプラクティスにも定評があります。我々はすべてのソリューションコンポーネントに対して停止時間なしの実装で「実行と切り替え」戦略を実行して、混乱を最小限に抑えて段階的に展開できます。

Broadcom/CAからの移行において、BMCは資金調達についてどのように支援できますか?


財政状況は各社さまざまであることを、BMCは理解しています。我々は極めて柔軟に対応できます。それぞれの財務要件を念頭に、計画、優先順位、段階的な展開をあらゆる局面でお客様と協力して行います。

BMCが最近行った調査によると、Broadcom/CAからBMCに移行することを求める最大の理由は節約です。

BMC Softwareのお客様満足度調査

BMCのメインフレームサービス


BMCがプロフェッショナルサービス向きである理由とは?

200以上の製品切り替え

20年を超える経験

プロジェクト全体の成功

計画通り、予算通り

スムーズな移行

最先端の自動化ツールを使用した簡単な自動化プロセス

従業員スキルの更新

トレーニングとオンデマンドのリソースを使用して、スタッフと専門知識のギャップに対応

デジタルの未来に対応。

お客様のBroadcom/CAソリューションスタックで、対応は万全ですか?

デジタル革新と変革を完全に実現するには、既存のツールとプロセスを最適化することによってソリューションを再編成しながら事業を運営することができるソリューションが必要です。BMCソリューションにおまかせください。

Broadcom/CAから移行するお客様がこれまでにないペースで増加している

BMC Softwareのお客様満足度調査 

これらは、既存のBroadcom/CAソリューションスタックを置き換えることができる主要なコア機能を提供するBMCポートフォリオの構成要素です。

  • ワークロードオートメーション

  • メインフレームアプリケーションの開発
  • メインフレームデータベースの管理
  • メインフレームの運用管理
  • メインフレーム・セキュリティ
  • RSMパートナーによるBMCメインフレームサービス
  • IT運用管理
  • ITサービス管理

ワークロードオートメーションとアプリケーションワークフロー オーケストレーション

Control-Mを使用してアプリケーションワークフローの定義、計画、管理、および監視を行い、可視性と信頼性を確保してSLAを改善します。

BMCの主要能力

  • データパイプラインを簡素化してスケーリング

  • Jobs-as-Codeを使用してDevOpsツールチェーンに埋め込む
  • エンドツーエンドのアプリケーションワークフローのオーケストレーションをオンプレミスまたはSaaSで展開
  • 予測分析によってSLAを管理
  • 任意のデバイスを使用して、ワークフローをいつでもどこからでも調整
  • 内部および外部のファイル転送を関連するアプリケーションワークフローとともに単一のビューに統合

現行のソリューションについてお客様に尋ねるべき質問:

  • マルチクラウド環境全体にまたがるワークフローを一元管理の形で自動化できますか?

  • 複数のクラウドベースシステムおよびオンプレミスシステムの間でファイル転送を自動管理できますか?
  • クラウドで新しいリソースのプロビジョニングと割り当てを自動化できますか?
  • クラウドやオンプレミスでネイティブに実行できますか?

BMCは、メインフレームアプリケーション開発、データ管理、運用、およびセキュリティの単一のベンダーになることが可能

アプリケーション開発/DevOps

メインフレームアプリケーション開発を近代化してメインストリームに加える

  • テストの自動化とシフトレフト品質チェックを導入することによって、メインフレームコードの品質を向上

  • メインフレームアプリケーションの展開プロセスを近代化して、DevOpsプロセスとツールに接続
  • オートメーションと生産性測定によって、メインフ
  • レームアプリケーションの変更を市場に投入するまでの時間を短縮

現行のソリューションについて、お客様に尋ねる質問:

  • 開発者には、単一の場所で容易にすべての開発、テスト、およびメンテナンスのツールが活用できる環境が用意されていますか?

  • すべてのスキルレベルの開発者とテスターは、コードを更新した直後にプログラムやサブプログラムをテストできますか?
  • 開発者とテスターは、コードの構造、ロジック、入出力、およびプログラムトレイルに視覚的にアクセスできますか?
  • 開発者は、大量のデータオブジェクトを視覚的に管理し、関連する抽出データを調整して最適なテストデータを作成できますか?

合計750年以上の経験を有するグローバルな専門家チームが管理するプロフェ
ッショナルなサービスによって、お客様のメインフレームをサポート、保護、
および最適化します。

メインフレーム顧客に尋ねる主な質問

運用:

  • 計画外のダウンタイムのコストをご存知ですか?

  • 環境のパフォーマンスの低下は、どのようにして検知しますか?
  • 誤ったアラートは、どのようにして防止しますか?
  • お客様のチームは、z/OS環境のパフォーマンスの問題をどれほど迅速に切り離して識別できますか?

データ管理:

  • 現在のDb2とIMSのユーティリティによって、100%の顧客データ可用性を維持できますか?

  • ご使用のデータベースのユーティリティは、MLC/TFPコストを増大させていますか?
  • IMSトランザクション管理(IMS/TM)環境は、どのように管理していますか?
  • メインフレーム担当者の高齢化は、サービス提供にどの程度のインパクトがありますか?

セキュリティ:

  • メインフレームへの不正アクセスが発生したかどうかは、どのようにして検知しますか?

  • 機密データにアクセスするために権限を昇格したかどうかは、どのようにして検知しますか?
  • メインフレームの脅威のイベントに対して、セキュリティチームは、リアルタイムの可視性を維持していますか?
  • これまでに、メインフレームの監査から何らかの発見がありましたか?

企業がメインフレームのDevOps

を採用している理由

  • 速度と信頼性が劣る開発のプロセスとプラクティスおよび 3270 

    ターミナル、さらに手動の複雑な従来型メインフレームSCMなどの古いツールとの組み合わせは、デジタル事業の要求に応えるためのソフトウェア開発とデリバリーの加速を妨げています。
  • 経験豊富なメインフレーム開発者が退職するにつれて、組織はプラットフォームに馴染みが薄い開発者を新規に募集して確保する必要があります。開発者に、最新の開発プラクティスおよびツール使用を含む経験を提供することは、新しい才能がメインフレームの技術革新を担っていく上で重要であり有効です。
  • チームがサイロで稼働するような停滞した文化は、デジタル時代には支持されません。メインフレームのスタッフは、メインフレームに特化したツールを含むプラットフォームを横断するDevOpsツールチェーンにアクセスする必要があります。単一のツールチェーンから作業することにより、スタッフは企業のウェブ環境、分散型環境、およびクラウド環境におけるメインフレーム業務およびそれに関連するアクティビティを調整できます。

メインフレームのDevOpsのメリット

BMCの2020年度メインフレーム調査によると、DevOpsを実装した組織は、

  • 安定性の向上(37%)、アプリケーションの品質向上(35%)、セキュリティ(35%)、および37%がアプリケーション展開のメリットを挙げています。
  • この調査の回答者は、努力が短期間で報われることも報告しています。DevOpsを採用した回答者の74%は、1年以内のROIの向上を報告しています。

ITサービス管理とIT運用管理

インテリジェントな運用、機械学習、高度な分析、ビッグデータテクノロジーを活用することにより、アプリケーションサービスやインフラストラクチャーサービスのパフォーマンス、セキュリティ、およびコストを改善します。

BMCの主要能力

  • 仮想環境、物理環境、およびビッグデータ環境のキャパシティの管理、計画、および最適化

  • 修復の自動化によるクラウドのセキュリティと脆弱性の管理
  • 現状と予測の両方のマルチクラウド・コスト管理を単一のビューで実現
  • AIOps、イベント管理、ログ分析、キャパシティ管理を含むIT管理の統合
  • イベント管理とサービスへのインパクト
  • 追加統合によるネットワークのパフォーマンス監視

現行のソリューションについてお客様に尋ねるべき質問:

  • 運用ビューとセキュリティビューのすべてを1つのツールにまとめた、サーバおよびネットワークデバイスに対する組み込み型セキュリティ対策は実現できますか?

  • インフラストラクチャーリソースの移行をシミュレートして、コストを比較できますか?
  • 予測分析により、支出の異常を検知できますか?
  • ワークロードをインテリジェントに配置してコストを最小化できますか?
  • ITプロセスの自動化、イベント分析、イベント管理を実現できますか?
  • 閉ループインシデントとサービスデスクの統合を自動化できますか?

ITサービス管理 

デジタルオートメーションとAIにより、新たなレベルのアジリティ、生産性、効率性を促進します。

BMCの主要能力

  • インテリジェントな個人ベースのユーザーインターフェイスによるユーザーエクスペリエンスの改善

  • すぐに使用できるIBM Watsonの優れたAI/機械学習機能を活用
  • ディスカバリと依存関係マッピングによるサービス可視性
  • マルチクラウド環境全体でのシームレスなセルフサービス
  • インシデント、問題、変更、リリース管理を含む標準ITSM機能
  • 連合パートナーによるグローバルITSMとプロジェクトポートフォリオの管理

現行のソリューションについてお客様に尋ねるべき質問:

  • あらゆるデバイスでインテリジェントなユーザー中心のエクスペリエンスを提供できますか?

  • プラットフォームを問わずITおよびDevOps間でチケットを仲介できますか?
  • ITSMからCSMへのトランスフォーメーションを実現するため認知機能を埋め込めますか?

今後のご相談

BMCはお客様がBroadcomから自由になるお手伝いができ、お伝えしたいことはまだまだあります。詳細は、BMC営業担当者にお問い合わせください。